リニューアル作業中につき、全てのページはご覧いただけず、ご迷惑をお掛けいたします。完全公開までは、今しばらくお待ちください。

入所前の調教

サナトリウムに入所すれば、Masterの為に性奴隷となって常にご奉仕をさせていただかなければなりません。

もちろん入所してからも先輩家畜奴隷より指導を受け、常に性技の上達を目指さなければなりませんが、入所前に最低限の基礎を身に付けていただく為に、複数回の調教を行ないます。

言葉遣い・所作・振舞い

Masterの皆様に「飼っていただいている家畜奴隷」であることを意識していると、確実に伝わる言葉の使い方を習得していただきます。

  • 命令・指示には「はい、畏まりました、ご主人様」と必ず返事をする。
  • 返事をさせていただくときには「○○号(入所時に命名されます)は・・・」「○○号が・・・」と必ず名乗ってから返事をする。
  • ご一緒にいる時は、必ずMasterより低い位置に座るか、待機の姿勢をとらせていただく。

ご奉仕調教

「調教」とは持ち主にとって好都合な状態を目指す訓練のことです。好都合な状態とは、持ち主が好むご奉仕ができる、持ち主が好む責めを悦ぶ、持ち主が好む容姿になる…などがあります。

持ち主が好むご奉仕

男性は女性と異なり、寸断なきオルガズムと言うものを体現できません。なので、射精直前の快感をできるだけ長い時間味わっていただけるご奉仕が求められます。もちろん射精させなさいとご命令があれば、即座に達していただけるテクニックも身に付けなければなりません。

持ち主が好む責めを悦ぶ

どのMasterにも共通することは、持ち主が触れたら濡れ、触ったら逝く。そんな淫乱な身体になることです。

拘束や緊縛、玩具責めなどはそれぞれの好みがありますので、入所後に覚えてください。

持ち主が好む容姿

清楚な雰囲気を醸し出せる様、髪の毛は黒くし、ストレートな状態で伸ばし始めていただきます。張りのよい肌を手に入れる為の努力は時間が掛かるので、入所後も継続していただきます。

家畜奴隷の礼儀作法

主の全てを受け入れ、どんなモノも、どんなことでも、喜んでお受けする覚悟を持っていただきます。

[ P R ]

入所に関するご相談・ご質問はこちら

入所に関するお問い合わせ
Copyright 2018 家畜奴隷サナトリウム